よく考えてお金借りるようにしましょう

難しい病気になった時、多額の治療費をお金借りることで準備できます。ギャンブルや贅沢品を購入する為にお金借りるのは、賛成できません。もちろん、軽い気持ちでお金を借りることにも反対です。でも、このように急を要する万が一の時には、借りられることが大変頼もしく感じられます。又、他にもどうしても今、お金が必要だと思う時が何度かあります。例えば、海外に住む大事な人に何か起きた時です。例え手元にお金が無くても、すぐに飛んで行きたいと思うでしょう。飛行機のチケットを購入するお金が無いから、会いに行くのは諦めよう。そんな風には思えませんね。生死にかかわる場合なら、尚更です。今会わなかったら、一生後悔するだろう。こんな時は、お金よりも「今」がとてつもなく大事です。お金借りることができれば、飛行機に乗れます。会いに行けます。もちろん海外に住む人に会う為だけではありません。遠く離れた所に住む人に今すぐ会いに行きたい時、電車に乗れば安く済むかもしれません。しかし、限られた時間を有効に使う為に、お金が必要な時もあるのです。本当に困った時や、他にどうすることもできない四面楚歌になってしまった時。お金があれば解決できるなら、それは決して悪いことではありません。誰もが、たくさん蓄えがあるわけではありません。ですから、きちんと返済できるのなら、ちょっと頼っても良いのです。お金が全てではないけれど、無くてはならないものであることも事実です。よく考えて必要な時は、利用しても良いのかもしれません。