お金を借りる事の基礎知識

お金を借りるときは、どの金融機関でも必ず審査を行います。この審査の基準となるのが信用情報機関からの様々な個人情報です。金融業界側は、借金を申し込んできた人が過去に事故を起こしていないかを確認できるようになっていて、もしその人が他社への返済をしていなったなどの事故情報があれば新たな貸出しを拒むこともあります。ブラックリストという言葉をよく耳にしますが、ブラックリストとはこのように事故を起こした人を融資不適格者として記載したものです。金融業者は自社の会員の個人情報や利用実績、返済実績をデータベース化していて、融資不適格と判定されるとその借り手は社内ブラックになります。 社内ブラックとはいえ信用情報機関に記録される場合もあり、金融業者が合併した際には情報が共有されます。この個人情報は本人でも照会ができるので、自分のことが気になる人は直接照会することをお勧めします。しかし、借金の返済が数日遅れてしまったからすぐに登録されることはありません。3ヶ月以上借入金の返済が延滞した場合や自己破産、特定調停、任意整理がなされた時、個人再生手続をした時、本人が行方不明になり貸金が回収できない時などにブラックリストに記載されます。もし一度記載されてしまっても、借金を完済してから5年後に情報は抹消されます。 ただそうはいっても、お金を借りることはとても重要なことです。近年、気軽にキャッシングを利用する人が増えていますが、お金を借りる行為は「借金」であるという自覚を持ち、返済期限までに返済するのは社会人としてのマナーであることを忘れてはいけません。