友人からお金を借りる際の重要ポイント

仲がいい友人はいますか、困った時に何でも相談できる友人、この友人がいるだけで心強く頑張れますよね。この友人との関係はいつまでも続けたい、そんな友人であれば誰でもそう思いますよね。その友人からお金借りる際には重要ポイントがあります。お金の貸し借りは大切な友人との強い絆にもひびを入れてしまう可能性もあります。友人にお金借りる際は重要ポイントをしっかり抑えて実行しましょう。そうしないと大切な友人を失うことになりかねません。大切な友人にお金借りる際はまず何に使うののか、そしてどうしてそのお金が必要なのか嘘をつかずきちんと説明する必要があります。説明する必要もないかもしれませんが、友人はあなたのことをよく知っています。よく知っている人に少しでも嘘をつけば、お金のこととなれば余計です。ですから包み隠さずお金の使い道を友人に話しておくべきでしょう。友人との信頼を保つ上でも大切です。信頼とは人に話すとかきます。どうしても友人に話すことができないのであればその際は友人からお金借りることはしない方がいいです。またもしお金借りたいことを友人に話し、そのお願いを了承してもらったら返済期日をしっかり決めましょう。この日までしっかり返すことによって信頼が保たれます。約束をしてそれを守るこの事が友人からお金借りる際にとても大切です。守れないようであれば友人からお金借りることはしない方がいいです。友人というのは一生の宝です。友人はお金を出して買えるものではなく、信頼の積み上げによってしか得られないものですから。そんな場合はお金を貸し出す機関、銀行やクレジットのキャッシング、消費者金融を利用する方をおすすめします。

 

消費者金融の基礎知識について

知人の息子さんは、消費者金融を利用したいということでしたが、消費者金融を利用する場合には、できるだけ利用限度額を上げたいと考えているということでした。しかしながら、知人の息子さんは、消費者金融を利用するのは初めてということで、どのようにすれば、利用限度額を上げることができるのか分からないということでした。そこで、知人の息子さんは、消費者金融の利用限度額を上げるために、インターネットで調べてみたところ、あるサイトで、消費者金融の基礎知識について紹介をしていたということでした。その消費者金融の基礎知識について紹介していたサイトを見てみると、利用限度額をアップするためにはということについて紹介をしていたということでした。消費者金融の利用限度額をアップするためには、貸し付け限度額の設定や利用額のアップは様々ということで、きちんと返済し続けていけば、借り手の信用度が上がるので、限度額がアップされていくということでした。また、その消費者金融の基礎知識について紹介していたサイトでは、利用限度額を上げる方法としては、自動契約機や支店窓口や電話やネットなどがあるということでした。また、きちんと返済をしていくと、早ければ3カ月後、遅くても6カ月後には利用限度額がアップするということでした。また、他社の借り入れが増えたり、返済が遅れたりすると、利用限度額を下げられてしまい、返済を迫られる場合もあるので注意が必要ということでした。