お金借りる前に知っておくべき法律

貸金業法改正により、お金借りる際注意すべきことがいくつかあります。平成22年6月18日、貸金業法改正が完全施行されました。完全施行前と異なる重要なことが、いくつかあります。知らないと、困ることもあるので是非覚えて頂きたいと思います。一番のポイントは、借入額に制限ができたことです。貸金業者から借り入れる場合、年収の3分の1を超える借入ができません。又、年収が証明できる書類が必要になりました。人それぞれ年収が違うと思います。ご自分がいくらまでなら借り入れることが可能なのか、知ることが重要です。なぜなら、よく考えずに借り入れていると、どうしてもお金が必要になった時、借りれない恐れがあるからです。既に、年収の3分の1を借りている場合、それ以上は借入れることは不可能です。この制限される金額には、クレジットカードを使ったキャッシングも含まれます。又、仮に連帯保証人がいたとしても、年収の3分の1以上は借入れられないのでご注意下さい。但し、クレジットカードを使ったショッピングは、対象外です。買い物をすることは可能なので、ご安心ください。しかしながら、何よりも一番大切なことは、お金借りることができる金額よりも、返済が可能かどうかです。当然ながらお金借りるなら、返済計画の有無がとても大事です。ちゃんと生活しながら、お金を返済して行けるのかどうかが、重要なのではないでしょうか。お金を借りたことで後悔したりしないよう、よく考えてから行動して下さい。

 

消費者金融の基礎知識

普通の人が持っている消費者金融の基礎知識といえば、メディアによっての知識がほとんどだと思われます。テレビのコマーシャルなどで受けたイメージが強い人たちも多いのではないでしょうか。メディアによる消費者金融についての報道は、事件や事故によるものが多いので、ネガティブな印象が先行しているのかもしれません。しかし消費者金融は時間的な余裕がない場合には利用価値の高い金融機関なので、消費者金融の基礎知識を正しく持っておくことは非常に大事なことです。急な出費が必要となるケースは誰にでも起こることです。そういう場合に備えて貯金などをしていても足りなくなる時も考えられます。消費者金融はそのような場合には非常に利用しやすい金融機関であり、消費者金融の基礎知識を正しく持っていれば、パニックに陥るようなケースは少なくて済みます。24時間融資の申し込みを受け付けている上に即日融資を行っているわけですから、利用する側の状況によってはとても頼りがいのある金融機関となる可能性があります。現在では大手の消費者金融は、銀行の傘下に入って経営を行なっているケースも多くなっているので、イメージも以前とは異なってきたようにも思いますが、利用する側の知識が増えたようには感じることがありません。正しい知識と現在の状況についての正確な認識をすることが、自分の現在や将来の生活をよりよくするために、とても大切な事だと言えるでしょう。