お金借りることで不可能が可能に

お金借りることで、不可能を可能にすることができる場合もあります。何をするにもお金がかかる世の中です。それが良い事なのかどうかは分かりませんが、事実であることは間違いないでしょう。お金借りてまでギャンブルしたいと思うのは、賛成できません。身の丈に合わない、ハイレベルな生活を借金してまで続けようとお考えなら、それも正しくありません。そういうことではなくて、今目の前にある問題を解決する為だったり、どうしても掴みたいチャンスの為だったり、そのような理由なら反対はしません。お金借りることは勇気が要りますね。それは、どこから借り入れる場合も、又、誰から借りる場合も同じです。お金借りることは、大きな責任を同時に背負います。信用、信頼、絆、関係。色々なものを担保にすることです。1つ間違えば、この全てを失い、穏やかな生活も壊してしまいます。それは、絶対に忘れてはいけないことです。その上で、どうするか決めて下さい。お金を用意できたことで、諦めずに済むこともありますね。数か月後なら用意できるのに、それでは間に合わない。どうしても今でなければならない時、手段の一つとしてお金を貸して貰うのは、悪くないのではないでしょうか。借りたことを、後悔しない使い方をすれば良いのです。どんな目的の為の借金なのか、本当に返済することができるのか、本当に今必要なのか。それらを明らかにしたら、責任を持ってあなた自身が決めて下さい。

 

消費者金融の必要性とセーフティネット

消費者金融の必要性とはいわばセーフティネットの役割が強いという点にあるのではないでしょうか。借金がセーフティネットになるのかという疑問はあるでしょうが、世の中には現実にお金に困っていて借金が出来なければどうにもならないと言う人はいるものです。そういった人に対していまさらお金の事で説教をしたところで現実は何も変わらないのだから、目先の事態を何とかやりくりするためにも消費者金融の必要性は高いと言えます。こんなことを銀行に相談に行ったところでけんもほろろな扱いを受けることは目に見えているし、行政に相談したところで同様なのは明らかでしょう。そうやってどこにも相談できず解決策が見えない人間にとって消費者金融の必要性は不可欠と言っていいほど高まるわけです。もちろんだからと言ってあまりに気軽に消費者金融を利用するのは間違いでしょう。とりあえずの急場を乗り切ったら、後はいかにそういった急場を作らないようにするかを考える必要があるし、そのために将来の生活設計を一から見直さなければなりません。出来れば行政などにはそういった人に対してきっちりとしたアドバイスをして欲しいと思いますが、現状ではその取り組みは充分とはいえない状況です。仕事が無い以上行政としても出来る事は少ないかもしれませんが、それでも何らかの打つ手を考えることで生活を立て直せる人も増えるでしょうし、それが結果的には住民の幸福とか、税収の増加などに現れてくるのではないでしょうか。