お金を借りる事は自問自答することで初めてその効果たる実態を現わす

おもしろいことに、世の中には貯金を趣味のようにしている方が少なからずいらっしゃるようです。お金を借りる事を当たり前に考える方が、貯金を趣味とする方の生活を目の当たりにした場合、そのギャップに耐えられるのでしょうか。すぐには無理かもしれません。そもそもの金銭感覚が異なるからです。お金を借りる事で満ち足りた生活を実現しようとする人に対し、貯金好きは、心の満足を重要視する方なのかもしれません。物で満たされた生活は、確かに人の心を大きく揺さぶります。隙間の出来てしまった心の中を、物で埋めることで、人は満足感を覚えたりもするのです。物で心を埋めることをしない貯金好きは、身の丈に合った生活を重視することで、無理もせず、見栄を張ることも有りません。世の風潮がどうであれ、自分が自分であることを柱に生きているのです。しかし、協調性が無いわけでは有りません。自分は自分であるという考え方は、自分以外の人にも当てはまるのです。つまり、人は人であると言う事です。お金を借りる事は、お金を借りてまで、人並みの生活を維持しなければならないという、自分の現実には則さない幻覚と考えることもできます。もし、お金を借りる事が当たり前となっている方は、たまにこんなことを考えてみてはいかがでしょう。自分がお金を借りる事で得られる効果は何だろう、それは一体何のために今必要なのだろう。自問自答は自分自身を素直に見つめるためには最適な手段なのです。自分自身がお金を借りる事の効果がハッキリと認められたら、お金を借りる効果の実態は初めて明らかになることでしょう。

 

消費者金融の必要性

消費者金融は、銀行などより高い金利でお金を貸してくれます。高い金利なのですが、非常に審査が楽なのです。銀行の審査よりずっと簡単なので、即日に融資してくれたり、お金を貸してくれたりします。消費者金融は基本的には個人似たいしてお金を貸し出します。バブルの崩壊、リーマンショックなどで不景気になり、ローンが返済できなくなったりして銀行になきついて返済を遅らしてもらったり、返済方法を変更したりしましたが、銀行は更にお金を貸すことはありませんでした。そんな時に消費者金融がお金を貸して、個人の借金を助けていたのです。そうしないと個人破産してしまうケースが多く発生したでしょう。そう考えると消費者金融の必要性は高いでしょう。また、借金問題の点からも、ある意味、消費者金融は街金などの高利貸しから市民を救っていると考えると消費者金融の必要性は高く、ある意味必要悪ともいえるでしょう。しかし、法改正により、主婦が借りるお金が少なくなったり、収入の3分の1以上借りることができない総量規制が導入されると街金に走る人が多くなったとも言われております。消費者金融は銀行より金利が高いのですが、急な出費に対してもお金が借りられるので非常に便利なのです。消費者金融の必要性は非常に高いのです。消費者金融は長期間にわたって返済を続けることは大変ですが、短期間に返済をするのであれば、消費者金融はとても便利な金融機関です。計画通りに返してうまく付き合っていきましょう。