お金を借りる事のメリットとは

私たちが生活していく上で、どうしてもまとまったお金が必要となることは多々あります。挙式披露宴や出産、仕事をする上で必要な資格の取得、引っ越し、子供の進学など、避けられない出費はたくさんあります。そのような時、家族や知人からお金を借りることができればいいのですが、みんながみんなお金を借りることができる訳ではありませんし、そういった話をしたくない人も多いと思います。そのような時に活用できるのが、銀行のカードローンです。2010年に総量規制が施行され、年収の3分の1以上の借入れをしている人は、新規の借入れが出来なくなりました。しかし、この規制では、住宅ローン、自動車ローン、銀行のカードローン、クレジットカードでの買い物などは借入総額に含まれないため、銀行のカードローンであれば年収の3分の1以上でも借りることができます。銀行のカードローンは金利が低めで、様々なプランも提供されているので、借りる前にインターネットなどで比較してみることをお勧めします。もし総量規制に関係なく、消費者金融などでもお金を借りることができる状況であるならば、合わせて比較してみると選択肢が広がります。かつては高金利というイメージが強かった消費者金融ですが、現在は比較的低金利で、利用者のニーズに応えたサービスが充実しています。借りる金額と返済期間を考慮し、返済をシミュレーションした上で、自分に合ったプランを選ぶことが大切です。

 

お金を借りる時の消費者金融の効果

お金を借りる人は多くいますが、消費者金融の効果はいくつかあります。消費者金融には銀行系の消費者金融、独立系の消費者金融があります。もちろん、銀行のローンより金利が高いのです。アルバイトなどで返済がぎりぎりな人ですと銀行の審査ではお金が借りられず、消費者金融に走るのです。銀行の融資で審査できない人にお金を貸して助けることができる点です。消費者金融の効果はお金が必要な人に対して消費者金融でお金を借りる時、以前ではグレーゾーン金利でしたが現在では、利息制限法以下の金利ですので多少は低い金利ですので多少はいいのではないでしょうか。もちろん銀行より高いのですが、しかし、借りる側はどうしても必要なのです。街金といわれる違法な金利で持って借りて、月々の返済で苦しむよりは、いいのではないでしょうか。借りたい人のメリットが消費者金融の効果としてありますが。また、他の効果としては、違法な金貸しをしている人達の仕事を奪うことがあります。違法なお金でお金を貸して設ける人達から、お金を借りさせないようにするのです。このようなお金は暴力団の資金源になっている可能性もあります。そういった資金の流れをたつことができるのが消費者金融の効果にあるのです。消費者金融は、法改正前は違法な金利でしたが、今ではかなり低金利になり、借りても返済に困る人が少なくなりました。消費者金融会社自体も、金融庁からの指導監督もあり、正しく会社経営をしておりますので安心していけるでしょう。