お金借りる基礎知識

お金借りる事になったら、注意して欲しいことがあります。できるなら、お金借りることは避けたいと思います。借金には、あまり良いイメージが無いのかもしれません。しかし、もしあなたがどうしてもお金が必要になって、お金借りることを考えていらっしゃるなら、頭に入れておいて欲しいことがあります。平成22年6月18日。お金の貸し借りにかかわる貸金業法改正が、完全施行になりました。内容には、重要なことがたくさん含まれています。その中で注目されているのが、貸金業者からの借入れ制限についてです。総量規制と呼ばれるもので、ご存知の方もたくさんいらっしゃると思います。社会問題でもある多重債務問題。多くの人が、この問題に苦しんでいます。この解決策の一つとして、定められた法律でもあります。貸金業法改正により、年収の3分の1を超える借入ができなくなりました。この法律は、貸金業者からの借り入れが対象です。これまで、多くの方が無理な借入れをして、返済できなくなっています。借入金額の制限は、貸し過ぎ、借り過ぎを防ぐのが目的です。又、借入れを申し込む時は、年収を証明することができる書類が必要になります。借入れ額に制限が設けられたということは、よく考えずにぽんぽん利用していると、本当に必要になった時に、制限額を超えていて、借りれないこともあるということです。ですから、今まで以上によく考えて利用することが必要になります。お金の問題は、とても大事です。知識も頭に入れていた方が良いですね。

 

消費者金融とは

消費者金融とは、消費者への融資を指しますが、一般的には、ノンバンク(銀行以外の貸金業者)が無担保で消費者に行う小口の融資のことをいいます。昨今は大小さまざまな企業による金融があらわれており、一般的に使われる用語となっております。この金融業者には、さまざまな系統があります。テレビのコマーシャルでもよく見るような大手の業者から、銀行からのバックアップを受けて融資を行う銀行系の業者、さらにはクレジットカード会社が行うものまであります。 これらは、一般的に、銀行ローンのような高度な審査を要さずに、簡単で便利に小額から借り入れることができるため、多くの消費者によって利用されています。しかし、この簡単さ・便利さがかえって債務超過や破産に至る者までをも生み出し、社会的な問題になっていることは周知のとおりでしょう。「ご利用は計画的に」という某社のキャッチフレーズをまさに真に受け止めるべきなのだと思います。 また、消費者金融とは、常に金利の規制(利息制限法、貸金業法、出資法など)の問題に接しているものです。金利の上限などの規制は、時代、環境、景気や社会情勢によって大きく左右されます。そのため、たびたび規制は変更され、新たな仕組みが形成されては、また新しい問題が出てくることになります。最近では、過払い請求利用する消費者の側からは、常にその動向に目を向けながら慎重に行動することが求められているといえましょう。「事前にしっかりチェック!」という某企業のキャッチフレーズをこれまた真に受け止めるべきだと思われます。 以上のように、誰でも簡単で便利に利用できるサービスである消費者金融は、今や日本社会になくてはならない社会経済の一部となっております。しかし、それゆえに、社会問題に発展する危険性を常に秘めており、利用する側は大いに注意を要します。昨今では、この社会問題化に対処するため、これまた簡単・便利に相談できる行政機関や専門機関が設置されています。これを利用しない手はないだろうと思います。消費者金融とは、相談機関とセットで利用するのが通常なのだという時代がもうすぐ来るかもしれません。