とっても便利フリーローン

フリーローン、よく銀行のポスターで目にしますね。フリーローンで最もよく使われるのが結婚式の費用やら旅行資金です。フリーローンという名がついているので使い道は自由とはいうものの使えないものもあります。

 

まずフリーローンは事業性資金に使うことはできません。また株やFX、先物取り引きなどの投資などには利用できません。また見積書などが確認できないものにも利用するこはできず、借り換え資金として利用することはできません。また借入できる年齢も20歳以上65歳以下と年齢要件もあり、収入要件も前年の年収がこれ以上ないと貸し出せないといったものが銀行ごとにきめられています。

 

フリーローンでも無担保で貸し出すものと有担保のフリーローンに分けられます。当然ながら無担保の方のフリーローンは有担保タイプより金利が高く設定されています。しかし無担保であってもカードローンを借りるよりは金利がずっとずっとお得です。借入できる枠も10万円から300万円というところが多く銀行によって枠が違います。無担保のものと比較して有担保のものは借入期間もずっと長く設定することができます。これは貸し倒れになっても銀行が担保を取り入れることができることが関係しています。誰でも借り入れることができるわけでなく要件を満たしたもののみが借り入れることができますが、その上で銀行側の審査があります。どんなローンにせよ返済計画をしっかりたてて無理のない借入をすることがとても大切です。

フリーローンの重要ポイント

フリーローンとは、目的不用でお金を借りる事ができるローンのことで、一般のキャッシングやカードローンなどはフリーローンの扱いになっています。しかし、使い道は自由といっても、投機目的の有価証券を購入する資金や、事業資金などにはご利用することはできません。フリーローンを利用する際の注意点としては、金利が高めであることと、その金利にも変動金利タイプと固定金利タイプがあるということです。また、ローンの中途返済は可能か、その際の手数料はどのくらいなのかを確認しておく必要があります。フリーローンは、50万円以下の小口融資であれば免許証等の本人確認書類だけで利用できるなど、申込みが手軽で簡単なのがメリットの一つです。しかし、誰でも利用できるわけではありません。未成年の人は基本的には申し込むことができません。年齢制限もあり、これは各社によって違いますが、大よそ60~64歳くらいまでとなっています。また、毎月安定した収入がある人、返済能力がきちんとある人でないと、利用することはできません。フリーローンに申し込む際には、源泉徴収票 ・納税証明書 ・給与明細 などの収入が証明できる書類の写しが必要です。また、氏名 ・生年月日 ・性別 ・電話番号・家族構成 ・住居情報 ・勤務先などの個人情報が必要となります。フリーローンはこれらの情報をもとに、融資可能かどうかを判断しますので、記入や入力は間違わないように注意しなければいけません。

フリーローンの基礎知識について

実際のところ、ローンを利用する場合、用途別に組むローンを利用するか、フリーローンを利用するかで違いは大きいようです。通常、フリーローンは何に使っても構わないローンです。その場合カードローンやクレジットカードなどで金融会社からお金を借りるという形が一般的な方法です。フリーローンの場合には、借入時に決めた回数で分割して返済をすることが可能になります。毎月の返済日に、あらかじめ取り決めてある金額を返済していくといった返済方法です。さらに、限度額の範囲内であれば何回でも利用できるのです。現在では、フリーローンはカードローン専用のカードやクレジットカード機能にキャッシング機能やカードローン機能が付随しているものなど多種多様になっています。これらについては、いずれもフリーローンに該当するローン商品になるのです。フリーローンは、主に銀行系や消費者金融系のキャッシング会社などで利用できるようになっています。銀行で口座引き落としができるキャッシュカードを作ることで、そのカードでカードローンが利用できるというフリーローンを金融商品として取り扱っているといった場合もあります。普段から取引のある銀行が扱うローンであれば安心感が高く需要も高くなっているようです。しかし、どんなに借りやすいものとはいえ、フリーローンとは借金だということをきちんと認識した上で、無理のないよう定期的に返済するよう心掛けるようにしましょう。

銀行や消費者金融を利用してお金を借りる事の簡単な説明です

現在、低金利時代におけるお金を借りる事のメリットは、数多くの金融機関が謳っています。その中で、銀行は、お金を借りる事を考える消費者が真っ先に向かう金融機関と言えるでしょう。目的のハッキリとした、住宅ローン、教育ローン、自動車ローンなどは、限度額も大きく、返済期間も長期に渡るため、金利が低く設定されています。最近の銀行は、目的の明確でないお金を借りる事にも消費者の見方となってくれます。銀行のカードローンは、実質、その銀行を後ろ盾とする系列の金融機関が融資を行うものが多いですが、銀行でその申し込みをすることも可能です。銀行独自の融資はどうしてもその審査基準が高く、消費者にとっては敷居の高い存在です。しかし、銀行からお金を借りる事のメリットは、他の消費者金融などから比べると格段の差が有るものです。貸金業である消費者金融からの借り入れは、原則、収入の3分の1を限度とされますが、銀行は、貸金業ではないため限度額がその限りでは無いのです。厳しい審査を通過すれば、低金利でお金を借りる事が出来ます。顧客の信用度が銀行からお金を借りる事を可能とする条件なのです。信用度が低いとみなされる消費者が銀行からの融資を断られた場合、次なる方法は何でしょう。消費者金融や信販系の貸金業者を訪ねることになるでしょう。現在、信販系のクレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠が設けられている場合が多いです。その限度額は人によって異なる場合も見受けられますが、小口現金として、個人が利用するには便利な機能となっています。そのような小口現金では用が足せないと言う方は、消費者金融を訪ねることになるのです。消費者金融は数百万円を限度とする限度額を設けるところも見受けられ、消費者にとっては救いの神とも見える事でしょう。特に銀行の審査結果を待てない、新規でお金を借りる事を考える方に、即日融資や無利息期間を謳う消費者金融はねらい目となりそうです。しかし、貸金業者を何社も利用している方は利用が不可能となる場合も想定されます。

更新履歴